ヱビナ電化工業

最先端R&Dで業界をリードする次世代表面処理のパイオニア

SPEED PLUS

Go to English site

PTFE複合ニッケルめっき

PTFE複合ニッケルめっき

PTFE複合ニッケルめっきの原理
PTFE複合ニッケルめっきの原理

PTFE複合ニッケルめっきNi-P/PTFEめっき)は、非常に高い潤滑性、撥水性をもつフッ素樹脂(PTFE, ポリテトラフルオロエチレン, テフロン)をめっき皮膜中に共析させることで、PTFEの特性を基材表面に付与することができまます。

潤滑性や摺動性、離型性、非粘着性、耐摩耗性、撥水性を付与することができます。

特長

潤滑性の付与

基材表面へ潤滑性を付与することができます。PTFE高含有タイプ(30~35vol%)の場合、摩擦係数0.07~0.08程度になります。部材同士の摩擦時の騒音を防止する消音効果もあります。

PTFE複合無電解ニッケル-リンめっきの電子顕微鏡写真
PTFE複合無電解ニッケル-リンめっきの電子顕微鏡写真

離型性の向上

金型の離型性を向上することができます。

撥水性の付与

テフロンコーティングと同等の撥水性(接触角 約110°)を付与することができます。

用途

ロボットの関節部品の摺動性向上

関節部に摺動性を付与することで、潤滑油の低減またはフリー化が期待できます。

歯車

金型の離型性向上

潤滑性を付与することで、ゴムなどの成形金型の離型性の向上が期待できます。

ヒートシーラーのシート融着ダレ付着低減

非粘着性を付与することで、ヒートシーラーのシートの融着ダレによる付着低減が期待できます。

電動ノコギリの刃の目詰り防止

電動ノコギリの刃に適用することで目詰りの防止と切れ味の劣化を遅らせる効果があります。

関連Q&A

関連記事

技術資料(PDF)

ページトップへ

ヱビナ電化工業

Copyright (c) 2006- Ebina Denka Kogyo Co., Ltd All Rights Reserved.