ヱビナ電化工業

最先端R&Dで業界をリードする次世代表面処理のパイオニア

SPEED PLUS

Go to English site

ナノめっき

ステンレス、チタンへの直接 金ナノめっき

ステンレス材への金20nmめっきサンプル
ステンレス材への金20nmめっきサンプル

通常のめっきではマイクロメートル単位の膜厚管理を行います。それを1000倍の精度をもったナノめっきに代用することで必要最低限の膜厚で接触抵抗の低減を図ることができます。

通常のニッケル・金めっきではニッケル下地層が腐食の原因となり、補うために金の厚膜化が必要になります。直接金めっきなら腐食の問題を改善しつつ、薄膜で接触抵抗の低減が可能になります。

特長

接触抵抗の低減

最小限の膜厚でステンレスやチタンの接触抵抗の低減が可能です。

金ナノめっきの電子顕微鏡写真
金ナノめっきの電子顕微鏡写真

ステンレス金網への金20nmめっきサンプル
ステンレス金網への金20nmめっきサンプル

小型化・軽量化

ナノレベルの膜厚であるため、ミクロンオーダーの通常のめっきと比べ小型化・軽量化が期待されます。

関連Q&A

関連記事

技術資料(PDF)

ページトップへ

ヱビナ電化工業

Copyright (c) 2006- Ebina Denka Kogyo Co., Ltd All Rights Reserved.