ヱビナ電化工業

最先端R&Dで業界をリードする次世代表面処理のパイオニア

SPEED PLUS

Go to English site

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきサンプル
アルミ材への無電解ニッケルめっきサンプル

無電解ニッケルめっきは、リンやホウ素と共析させることで耐食性や硬度、耐摩耗性の向上、はんだ濡れ性の付与が可能となります。

無電解ニッケルめっきは、無電解ニッケル-リンめっきと無電解ニッケル-ホウ素めっき(無電解ニッケル-ボロンめっき)の2つに大別されます。また無電解ニッケル-リンめっきは、リン含有量により低リン、中リン、高リンの3タイプに分類され、それぞれ特性が異なります。

お客様のご要求の機能に合わせ最適なタイプをご提案致します。

特長

機能特性の付与

耐食性や硬度・耐摩耗性の向上、はんだ濡れ性の付与などが可能です。

無電解ニッケルめっきの性能
無電解ニッケルめっきの性能

耐食性の向上

無電解ニッケル-リンめっきは、リンが共析して非晶質構造となることで耐食性を向上させることができます。鉄鋼やアルミニウム材の耐食性向上に最適です。シャフトやピストンなどへの適用が期待されます。

硬度・耐摩耗性の向上

無電解ニッケルめっきを施すことで500Hv程度の硬度を付与することができます。さらに300~400℃の熱処理をすることで結晶化が進行、硬度は1000Hv程にまで上昇させることが可能です。その結果、耐摩耗性を改善することができます。

はんだ濡れ性の付与

無電解ニッケル-めっきを適用することで、はんだ濡れ性を付与することができます。不動態被膜が形成されにくい低リンタイプの無電解ニッケル-リンめっきや無電解ニッケル-ホウ素めっきが、はんだ濡れ性に優れる傾向があります。

用途

電子部品や自動車部品等への適用をご提案させて頂いております。

自動車工業分野への適用

ピストンやシリンダ、ベアリング、歯車、回転軸等に対して適用することで、硬度や耐摩耗性、耐食性の向上が期待されます。

電子工業分野への適用

接点部品やシャフト、パッケージ部品、バネ、ボルト、ナット、抵抗体等に対して適用することで、硬度や耐食性の向上、はんだ濡れ性、ろう付け性の付与が期待されます。

関連Q&A

関連記事

技術資料(PDF)

ページトップへ

ヱビナ電化工業

Copyright (c) 2006- Ebina Denka Kogyo Co., Ltd All Rights Reserved.