ヱビナ電化工業

最先端R&Dで業界をリードする次世代表面処理のパイオニア

SPEED PLUS

Go to English site

放熱板向け複合材へのめっき

放熱板(ヒートシンク)向け複合材へのめっき

AlSiC材へのニッケルめっきサンプル
AlSiC材へのニッケルめっきサンプル

金属を基材とし、セラミックスやカーボン、異種金属と複合させた金属基複合材(MMC, Metal Matrix Composites)は、放熱性を活かしてヒートシンク材等に使用されます。弊社では、各種複合材の表面状態・組成に合わせ、適切なめっきプロセスを構築しております。めっきにより、はんだ付け性などの付加価値を付与することが可能となります。

特長

はんだ付け性の付与

ニッケルめっきや金めっきを成膜することで、はんだ付け性を付与することができます。

耐摩耗性の向上

金属形成により表層脆弱性が改善され、耐摩耗性が向上します。

防塵対策

表面をめっき金属で覆うことで、素材由来の粉じんを防ぐことが可能です。

金属-セラミック系、金属-カーボン系、金属粉末系に対応

AlSiCやCuSiCの様な金属-セラミック系、AlCやCuCの様な金属-カーボン系、CuMoやCuWの様な金属粉末系へのめっきに対応致します。

用途

ヒートシンク材

ヒートシンク材(放熱板)に、はんだ付け性を付与することが可能です。

関連Q&A

関連記事

技術資料(PDF)

ページトップへ

ヱビナ電化工業

Copyright (c) 2006- Ebina Denka Kogyo Co., Ltd All Rights Reserved.